日記

DVR-W1/1.0T購入

DVR-W1/1.0Tを使い始めてみましたので、とりあえず現時点で感じた良い点悪い点を。

良い点

・2番組同時録画できる
・2番組同時録画できるHDDレコーダとしては安め
・リモコンの操作に対する応答が早い(特に番組表がサクサク動くのが素晴らしいです)
・本体がなかなか小さく(接地面積は10〜11インチクラスのネットブック程度、厚みはネットブック2,3台分ぐらい)、あまり目立たないデザイン
・HDMI連動ができる(本体の電源を入れるとTVの電源も入る、本体の電源を入れるとTVの入力切替が自動的に切り替わる、TVを消すと本体の電源を切る、なんてことが出来るようです。うちのREGZA 42Z7000だと後ろ2つしか動きませんでしたけど、それだけでも結構便利です)

悪い点

・パッケージが「The バッファロー」って感じ(アップル製品やそれを真似する多数のメーカーのパッケージのようなシャレオツ感は一切ありません)
・UIがダサい(メニューがくすんだ水色と紫色を混ぜたような色合いを基調としています。日本の家電として見ると普通レベルかも)
・自動削除機能がなさげ(まだ使い始めたばかりなので実際どうかは分かりませんが、説明書を見る限りでは空き容量を確保するためには手動で録画を削除する必要があるかも)
・連ドラ予約が1週間間隔のみ(例えば毎日いいともを録画したい場合は、月〜金の分で5つ分録画予約を登録する必要がある)

まとめ

悪い点は、単なる見た目の問題や回避方法があるものばかりで、致命的な機能上の問題はないのでいいのですが、「購入して、パッケージを開けて、設置して、はじめてメニューのUIを見る」間に、所有欲や満足感をくすぐるような要素が1ミリもないので、はじめはガッカリするかもしれません。
私はしましたw
Apple製品やそれを真似してるようなメーカーの製品パッケージに慣れてしまって自分の中のハードルがかなり上がってるのかも。

しかしそういう要素は、時間が経つと慣れる部分であり、使っていくうちに機能的な部分が満足感を左右するようになるはずです。
そういう意味では、安定して動くかどうか、録画データが増えてもキビキビ感が損なわれないかどうかが重要な点かなと思います。

それにしてもバッファロー製品のパッケージってスーパーのチラシ感がすごい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示