日記

Google の G Suit Team から “[Action Required] Remove internal links to the G Suite Domain Contact page for your organization” ていうメールが来た

メールの内容を一部引用するとこんな感じ。

You are receiving this email because users within your organization may have active links within their documents, websites, scripts, or applications that go to Google’s G Suite Domain Contact page. On August 31, 2020, the Domain Contact page will be removed, since it contains the Admin contact details of Google’s customers. If your users don’t remove internal links to this page in their resources, the links will break as of August 31, 2020, resulting in a “404 Error” code.

—The G Suite Team

G Suite の Domain Contact page とやらが、8月末で消えるので、そのページに対するリンクとか使ってたらリンク先を新しくするなり対処してね、ってことだと思います。

[Action Required] というと「対処しないとマジでヤバい」というイメージがありますが、内容を見ると「そんなに重要な用件ではなさそう」という気もします。

期限が今月末とえらく猶予が少ないですし、内容(深刻度)がいまいちよく分からなかったためちょっと調べてみました。

Domain Contact page とはなんぞや?

先の引用には含まれていませんが、メールをよく読むと

www.google.com/a/<domain-name>/DomainContact

でアクセスできるページが Domain Contact page であることが分かります。

もちろん <domain-name> の部分は G Suite で管理している実際のドメイン名に置き換えてくださいね。

実際にアクセスしてみると次のような内容のページが表示されました。

見ての通りとても内容が薄いページです。

リンクが2つ含まれていますが、いずれも全 G Suite アカウントで共通と思われる、 Google のサポートページ等へのリンクでした。

だから何?

前段で Domain Contact page にアクセスするとどういうページが表示されるのかは分かりました。

が、私としては G Suite の管理者アカウント等で Domain Contact page に関して何か設定をした覚えはないですし、当然 Domain Contact page へのリンクなども外部で使用していないため、今月末にアクセス出来なくなっても全く困らない気がしますし、何の対処のしようもない気がします。

しかしどうもメールのタイトルに含まれていた [Action Required] が気になります。

私としては何の対処も必要ないとしても、あんなメールを出すということは、他に対処が必要な G Suite 管理者が世の中に居るってことですよね。

ちょっと背景を調べてみた

色々調べてみたところ、やはり今回のメールで疑問に思ったであろう方の post を見つけました。 https://www.reddit.com/r/gsuite/comments/i8ycro/on_date_the_public_g_suite_domain_contact_page/?utm_source=share&utm_medium=web2x

これのコメントに答えが書いてあったのですが、どうも Domain Contact page には G Suite 管理者が設定した自由な内容の文章を表示する機能があるらしいです。

具体的には https://admin.google.com/ に G Suite 管理者でログインし、

メインメニューの「アカウント」→「アカウント設定」をクリックし、

「プロフィール」→「サポートメッセージ」の部分で設定した文言が Domain Contact page に表示されるらしいです。

実際の管理画面では「プロフィール」と「プロファイル」で表記ゆれしてますので注意。

実際にサポートメッセージを設定してみたところ、 Domain Contact page は次のようになりました。

黒く塗りつぶしている部分は組織名になります。

サポートメッセージには改行を含めて設定したのですが Domain Contact page では改行は反映されないみたいです。

[Action Required] の真の意味

これも先に挙げた reddit のコメントに答えが書いてあったのですが、どうもこのサポートメッセージに管理者の連絡先を設定して運用してる場合があるらしいです。

Domain Contact page は未ログインの状態でも見れるみたいなので、 G Suite の一般ユーザがログインできなくなった、といった場合などに Domain Contact page にアクセスし、そこで管理者の連絡先を得て、サポートを求める、といったフローが存在し得ます。というか実際あるみたいです。

私の場合はほぼ個人で使ってるようなものですし私が管理者なので、管理者の連絡先を周知する必要は無いのですが、企業で使ってれば(というかそういう人の方が多い?)普通にあり得るフローだと思います。

それが今回、多分個人情報保護?等の文脈で Domain Contact page が廃止されることになり、そういったフローを想定している企業ユーザに影響が出るため、 [Action Required] なのであろうと思います。

例えば社内の文書に、「ログインできないときはこちらにアクセスし管理者に連絡してください。」と書いてあって Domain Contact page の URL が添えられていたら、それはもう来月から機能しなくなるため、何らかの対処が必要になります。

ちなみに

これも先に挙げた reddit のコメントに書いてあったのですが(今回全部それだなw)、サポートメッセージは G Suite のダッシュボード https://gsuite.google.com/dashboard でも見れるみたいです。

黒塗りの部分は実際のドメイン名が表示されます。

こちらは Domain Contact page と違って改行が反映されていますね。

こちらは多分今回の削除対象の機能では無いと思います。(あくまでもログインなしで誰でも閲覧出来る Domain Contact page の機能だけが消えると思われます)

ログインしないと見れないため、当然ログインできないユーザの救済策としては使えません。

先に書いたとおりうちは特に対処は必要無さそうですが、社内文書等で Domain Contact page を活用している組織にとっては今回の件への対処は結構大変かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください