日記

最近失敗したこと

TechNetサブスクリプション

激安でWindowsやOfficeが使い放題だと大多数の人に認識されてるであろうMSのTechNetサブスクリプションですが、最近のWindows Serverってどんな事が出来るんだろうかと気になったので、評価を目的として今回契約することにしてみました。なんという健全な理由w

一番安いタイプのやつで23,000円でした。

日常的にはMacやLinuxしか使わないのですが、経理や.NET系のプログラミングでWindowsを使う事もあります。そのWindowsを仮想マシンに移行したいなという思いが以前から漠然とありまして、Windows Serverを仮想化サーバーとすれば、KVMやXenやVMWareを使うより便利になったりやれることが増えるのではないかと期待してました。

全部をMS製品で固めれば便利なはずだと思ったわけですね。

テンションをあげながらさっそくTechNetのサイトでクレカ決済を済ませて購入しました。

しかしオンラインのショップからは当然来るはずの購入直後の自動返信メールが来なくて、のまれたか!?と冷や汗をかきましたが、調べてみるとどうもTechNetは物販やってるわけでもないのに、購入が完了するまでの手続きが前世紀並に遅いようです。

ここですでにテンションが99%ダウンしました。

自動返信メールが届いたのは注文から約5時間後(自動返信のくせにまさかの5時間後ですよ)、実際に利用出来るようになったのが丸3日後でした。

アメリカの本社から航空便でキーでも送ってるんですかねw どうやったらそこまで遅く出来るのか知りたいですw

で、まぁ利用出来るようになるまで何もしないのもアレなので、待ってる間にWindows Server 2008 R2辺りに何が出来るのかを色々調べてみたんですが、自分の用途では仮想化ゲストにWindowsを入れるとしてもLinux系などをホストにする事に対するアドバンテージは何も見えませんでした。

そのかわり、ライセンスを買わせるための非技術的な制限が色々とあるというデメリットは良く見えました。

本質的にWindowsゲストにRDPでつないで操作する事以上の事はできない感じです。まぁ僕自身もそれ以上はあまり想像出来てないですけどねw

まだ実際に使ってないですが、すでにTechNetサブスクリプションを契約する必要なかったなと少し後悔しています。

せっかくなのでWindows Serverを色々いじってみようとは思ってますけどやる気がw

SharePointが地味に気になってるので時間があるときに試したいです。

自作PC用にWindows 7やOffice 2010が使えるのでまぁいいか。

 

ブルーレイドライブ

そろそろPCにもブルーレイドライブを搭載したいなと思いましてスリム&スロットインタイプのBC-5600Sを買ってみました。arkで6,980円でした。

うちにはブルーレイのビデオは300しかない(300本あるんじゃなくて映画「スリーハンドレッド」しかないw)ですけど、それが見れればいいかなと。

ちなみに今まではPS3で見てました。

それを組み込むケースがin winのwavyというイカしたケースなのですが、Mini-ITXなのでケーブルは短めでいいだろうということで、サイズのSLC-SATA-15というSlimline SATAケーブルも買ってきました。

がしかし実際に組み込んでみると、ケーブル長が全然足りないw

wavyは良く考えられたコンパクトなケースで、特にドライブとマザーが離れてるわけでもなく、またマザーはDH57JGなんですが、このマザーはSATAポートの位置がCPUの上の方についてるというちょっと変わった配置ではありますが、特にドライブから離れた位置にあるわけでもないです。

つまりSLC-SATA-15は、一般的なMini-ITXケースで使ったとしてもケーブルが届かない場合が多々あるだろうという事です。

しょうがないのでアイネックスのSLS-3002SAという別のSlimline SATAケーブルを調達することで解決しましたが、SLC-SATA-15には注意が必要だと思います。

試しに計ってみたら、両端のSATAコネクタを含んでもギリギリ15cmに足りませんでしたw なのでケーブル自体の長さは10cmちょっとぐらいです。

ケーブルの問題は解決しましたが、PC用のブルーレイ再生ソフトの問題があります。

実はそれまでブルーレイのビデオはVLCとかで再生できると思い込んでたんですが、大人の理由で普通に観るには有料の再生ソフトを買う必要があるようです。

価格は4,000円〜程度でしょうか。

なので、新規でドライブを買うなら付属ソフトなしのバルクを買うより、2,3千円高くても再生ソフトがバンドルされたものを買った方がいいって事になります。

地デジもそうですけど、便利になったのか不便になったのかよくわかんないですね。

しょうがないのでMakeMKV使いました。どうせ映画1本しかないので。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください