日記

XOOMゼロ円はガセネタ?

ちょっと前、オライリーのEBook半額祭りで初めてのPythonという本を買いまして、この初めてのPythonという本、初心者向けと思いきや紙の本だと5000円弱もするし800ページぐらいあるし、某404の髭サスペンダーの人をして「初めてのを通り越して終わりまで」とまで言わしめたという、まぁなんというかすごい本なんですが、この本を読むためにスレート型の端末が欲しいなと思っておりました。

PCで読んでもなんというか気持ちが入らないというか、寝る前とかにごろっと寝っ転がって適当な部分を読むとか、PCの画面領域を消費せずに参照するいうスタイルを実現するとなると、やっぱスレート型端末が必要だなと思っておりまして、iPad2の足音が聞こえてきたいまとなっては今更iPadを買うのもあれですし、というかそもそも今appleのオンラインストアではiPad2の準備のためかiPadは注文できなくなってるのでどうせ買えないのですが、Androidな端末も持ってないから買ってみるとおもしろそうだよねということで、どうせなら最新のAndroid3.0を搭載した端末がいいなってのとモトローラ好きなのでXOOMが気になってました。

で、実際いくらで買えるんだろうと、ググッてみたらXOOMがいきなりゼロ円投入、Android投げ売りでガラケー滅亡早期化かという記事を発見しまして、「マジかよ、最新のAndroidなPadがゼロ円かよ!」と、神を信じない僕が神様にありがとうと言いたくなるくらいテンションが上がった訳です。

いざという時のためだけにイーモバを1回線最低価格で維持し続けてるので、その代わりにWi-Fi WALKER DATA05が使えれば僕にとっては抱き合わせでも全然OKなんです。

そんで数日前に実際に買いに行ったのですが、どうもXOOMがゼロ円というのはガセネタかもしれません。

アキヨド、auショップ秋葉原電気街口店、有楽町ビック、池袋ビック、池袋ヤマダ、近所の携帯屋(もしもん)と、足を棒にして店員に最安でXOOMを買う方法など色々聞いてみたのですが、Wi-Fi WALKER DATA05 をセットにしてXOOM本体29,400円というのが最安でした。もちろん個別の交渉でもう少し安くすることはできるかもしれません。

で、Wi-Fi WALKER DATA05もフルサポートでの契約のみでデビュー割は使えない旨auショップの店員から聞きました。

つまり維持費は最低で2,625円/月ということになります。

まとめると、まず29,400円払って2年間2,625円/月〜を払い続ける(途中解約してもいいけど得にはならないハズ)とXOOMとWi-Fi WALKER DATA05がゲットできるという寸法ということになりますな。

Wi-Fi WALKER DATA05は2年後にシンプルプランに切り替えれば1,680円/月に出来ます。2年後なんで料金プランの仕組みが変わってるかもしれませんが。

ゼロ円は発売直後の特典かなとも思ったのでその点も店員に確認したのですが、過去においてもゼロ円だったという話はありませんでした。

どうもゼロ円の記事の店員はXOOMとOnkyoのスレート型端末(Windows7搭載のやつ)を勘違いしてるんじゃないかと思ったり。Onkyoの端末は抱き合わせでゼロ円のところが実際にありましたし、パッと見はXOOMと似てますからね。

あと、実際にゼロ円で買ったという人の記事が自分が探した限り見当たらなかったですし。元記事の人も実際にゼロ円で買ったワケじゃないんですよね。

色々ショップをまわって無駄足になりましたが、実機を触れたのはよかったです。動きは軽快ですが、UIが分かりづらかったです。

抱き合わせでゼロ円か、単品で3万円台じゃないと厳しいという感想です。

アメリカで599ドル ≒ 5万円弱なのでもうちょっと頑張って欲しいですね。

しばらく経って値下がりしたら買うかもしれません。

まぁしばらく経つと他に目移りしてる可能性大ですがw

でも今でもゼロ円が正しくて自分の認識が間違ってることを期待してる気持ちが少し残ってます。

だから間違いの指摘や、特に抱き合わせゼロ円で買えた人は教えていただけるとすごく喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください