日記

ダークソウル 盾使わない縛り その2の2

最近ダークソウルの盾無しプレイをやってます。(縛りの詳細についてはこちらを参照

前回オンスタ&スモウを撃破しました。
今回はDLCのボスを全撃破するところまで達成できました。

現在の装備は、、打刀+15、放浪装備一式+9(鎧のみ+10)、指輪は適宜(ボス戦だと基本的に鉄加護と青涙石の組み合わせ)となってます。

霊廟の聖獣、騎士アルトリウス、黒竜カラミットまでは比較的トントン拍子に進んだんですが、深淵の主マヌスには苦労させられました。

このスタイルだと基本的に敵の攻撃をかわしつつ攻撃していくという戦法になるんですが、最初の3ボスは比較的攻撃を見切りやすく、回避に失敗して攻撃をくらっても即死級のコンボに発展することはあまりない(カラミットのブレスを除く)ので、立て直しもしやすかったです。

しかしマヌスはやばかった。

こちらの攻撃手段が近接しかないので、最初密着して回避→攻撃をやってたんですが、どうにも回避が安定しませんでした。
近すぎてマヌスのモーションが良く見えなくて回避のタイミングをミスったり、近距離のジャンプ攻撃が回避できなかったり、近すぎて5連撃の回避が間に合わなかったりと散々でした。
それでも7割くらいまでは回避率を上げれてたと思うんですが、残りの3割が結構大きくて、その3割に2連続で当たって終わるパターンが非常に多かったです。

また注ぎ火も縛ってるので、エスト5個じゃ間に合わない場合もありました。

ということで、密着は諦めて中距離というか近距離と中距離の間というかマヌスが近接攻撃を繰り出してくる範囲内で出来るだけ離れる感じにしたら結構安定しました。
まずモーションがよく見えるから通常攻撃の回避率が格段にあがりました。
また距離的に5連撃の回避も余裕でできるようになりました。
ただ近距離のジャンプ攻撃の回避だけは安定しなかったんですが、立ち位置的に遠距離攻撃も選択肢に入ってくるからかジャンプ攻撃の回数自体が減った気がします。
(中〜遠距離のジャンプ攻撃は横ローリングで回避余裕なんですが、近距離のジャンプ攻撃だけは未だに安定する回避方法が謎です。)

立ち位置の変化で攻撃できる頻度が下がる事を危惧してたんですが、結局安全に攻撃できるタイミングは限られてるのであまり変わらなかった印象です。

あとエストについても、祭祀場をホームにし、そこからウーラシール市街に転送し、エスト10個でマヌスに挑むことで精神的な余裕がかなり生まれました。
撃破したときは結局エスト3個しか使ってなかったですけどね。

あとは焦って銀のペンダントとエストを間違えてやられることが2、3回ありましたw

本編のボスはまだまだ残ってるんですが、何回もやり直す事になりそうなのはあとはもうグウィンぐらいしか無さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください