技術

3.1. 第3章のまえがき

LLVMによるプログラミング言語の実装チュートリアル日本語訳
第3章 万華鏡: LLVM IRコードの生成
第1節 第3章のまえがき

“LLVMによるプログラミング言語の実装”チュートリアルの第3章へようこそ。
この章では、第2章で構築したASTをLLVM IRへ変換する方法について説明する。
LLVMがそれをどうやって行うかについてにちょっとだけ見せると同時に、LLVMを使うのがいかに簡単かについて示す。
LLVM IRコードを生成するより、字句解析器や構文解析器を構築するほうがよっぽど難しいくらいである。

注意:
この章以降のコードでは、LLVM 2.2以降を必要とする。
LLVM 2.1以前では動作しないだろう。
また、あなたが持っているLLVMのバージョンに合ったバージョンの”このチュートリアル”を使用すべきである。
公式に配布されているLLVMを使っていれば、ドキュメントはその中に含まれてるので、それを使うか、もしくはllvm.orgのリリース一覧のページからバージョンに合ったドキュメントを探して使用しなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示