技術

5.1. 第5章のまえがき

LLVMによるプログラミング言語の実装チュートリアル日本語訳
第5章 万華鏡: 言語の拡張: 制御フロー
第1節 第5章のまえがき

“LLVMによるプログラミング言語の実装”チュートリアルの第5章へようこそ。
第1章から第4章までで、簡単な万華鏡言語(最適化機能とJITコンパイラによって補強されたLLVM IRの生成機能を含む)の実装について説明してきた。
残念ながら現状では、万華鏡はほとんど使いものにならない。
関数呼び出しをしたり、関数から戻ったりする以外の制御フローを持たないからである。
つまり条件分岐できず、著しくその力が制限されてしまうということを意味する。
この章では、if/then/else式に加えて、簡単なforループを追加することによって万華鏡を拡張する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示