日記

auのiPhone 5をハワイで使う

私自身はハワイに行ったことないし行かないけど(しかも使ってるのは5s)、料金とか設定とかどうなのよ?ときかれたので調べてみた。
ここに書くのは当然私の実体験ではなくて、ネットで調べただけの情報である。
また、ここに書く料金などはiPhone 5をハワイで使うことを想定したものである。
ほかの国・地域やLTEスマホではない3G携帯などでは料金が変わるので注意。

グローバルパスポート

携帯やスマホなどを、本来サービスエリア外である海外でも使えるようにするサービスを一般的に国際ローミングサービスというらしいが、auの場合はそのサービスにグローバルパスポート(GLOBAL PASSPORT)という名前がついている。
グローバルパスポート – Wikipedia

事前の事務手続き

特に不要で、基本料等もない。

渡航前の準備

まず”渡航前に”PRL(ローミングエリア情報)を更新する必要がある。
iPhoneから「*5050」に電話すると自動音声が流れるので勝手に切れるまで放置しておく。
切れた後も放置しておくと数分で「au ICカードのデータ更新が完了しました」というメッセージが出るのでそれを確認したらiPhoneを再起動する。
海外でご利用のお客さま│スマートフォン・携帯電話をご利用のお客さま│au

PRLのバージョンは、「設定」→「一般」→「情報」の画面を開き、「キャリア」と書いてある所をタップすると確認出来る。

ハワイに着いたら

「設定」→「モバイルデータ通信」→「ローミング」→「音声通話ローミング」と「データローミング」をオンにする。
iPhone/iPad│海外で使う(GLOBAL PASSPORT)│au

電話の掛け方

ハワイのiPhoneから日本へ

「+81」の後に”先頭の0を省いた”電話番号を続ける。
例えば「080-1234-XXXX」に掛ける場合は「+81801234XXXX」とする。
「+」は0を長押しすると入力出来る。
海外での電話の掛け方(PDF注意)

日本からハワイのiPhoneへ

普通に電話すればOK?(調べた限りではよく分からなかった。)

料金

エリア・料金│海外で使う(GLOBAL PASSPORT)│au
通話

  • アメリカ国内へ発信 120円/分
  • 日本へ発信 140円/分
  • 日本以外へ発信 210円/分
  • 着信 165円/分

着信にも料金がかかる点に注意。

データ通信

  • データ通信料 1.6円/KB
  • Cメール送信 100円/通
  • Cメール受信 無料

データ通信で1KBあたり1.6円というと、そこそこのサイズの写真1枚分の通信で余裕で1,000円を超えるレベルではあるが、ハワイは「海外ダブル定額」エリア内なので、最大でも1日あたり2,980円以上にはならないので安心である。
海外ダブル定額(LTE)│料金・割引一覧│au
といっても2,980円/月ではなく2,980円/日である点には注意が必要である。(例えば7日間毎日上限一杯まで使うと2万円超える。)
「海外ダブル定額」の名のとおり2段階の定額制であり、1.2MB〜24.4MBなら1,980円、25MB以上なら2,980円となっている。
iPhoneの場合だと多少意識して節約しないと(特にアプリのアップデートなどを行ってしまうと)すぐに上限に達してしまうものと思われる。
また、Cメールは海外ダブル定額には含まれないので注意が必要である。

日本とハワイとの間で連絡を取る場合、日本側の人はCメールで送信し、ハワイ側の人は通常のメール(写メ無し)で送信する、というのが料金的にはベストだと思うが、面倒なので普通に文字だけのメールでやりとりしたほうがいいだろう。
写真などをメールで送ったり、SNSに載せたりしたい場合は、ホテルの定額or無料Wifiなどがあればそれを利用した方がいい。
(もしくは、そういう事は日本に帰ってきてからやるか。)

ちなみにiPhoneのメッセージアプリではCメール(SMS)ではなくiMessage(データ通信)で送信する設定になってる場合(iOS 7のデフォルト?)があるので注意が必要である。

帰ってきたら

「設定」→「モバイルデータ通信」→「ローミング」→「音声通話ローミング」と「データローミング」をオフにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください