日記

Aspire Oneを外で使うために、グリーン車へ。

田舎ものなのでグリーン車とか全然乗ったことなくていろいろと戸惑うことがありました。
グリーン車ってのは特定の列車全体を指すわけではなく、
列車の中で席がちょっとリッチな車両のことをグリーン車と呼ぶみたいです。
もちろん全部グリーン車な列車もあるとは思いますが。

グリーン車はどこの路線にもある訳ではなくて特定の路線のみみたいです。

グリーン車に乗るには別料金を支払いグリーン券というものを買う必要があります。
グリーン券を買うタイミングは2つあり、1つは乗る前に駅で買う方法、
もう1つはとりあえず乗り込んだ後に巡回してくる列車の乗組員に声をかけられるのでそのとき支払う方法があります。

乗る前に買う方が、たぶんどこの路線でも乗った後に買う方法に比べて
料金が安く設定されてるのですが、
乗る前に買うと、グリーン車の自由席が混んでた場合にグリーン車のメリットを十分に享受できないというリスクがあります。

乗る前に駅でグリーン券を買う方法はさらに2つあり、
1つは現金やSuicaなどで料金を支払い、紙の券を買う方法と
もう1つは、ホームなどにある専用の機械でSuicaにグリーン券の情報を記録する方法があります。

紙の券の場合は、グリーン車に乗った後に、巡回してくる列車の乗組員に見せればOKです。

Suicaにグリーン券の情報を記録する場合には、紙の券は発行されません。
乗った後に、各席の上にSuicaをタッチする箇所があるので、
自分が座る場所でSuicaをタッチすれば緑のランプが点灯し、
巡回してくる乗組員はそれを見て正規の乗員だということを認識します。
席を移動する際には、移動先の席でSuicaをタッチするだけでOKです。
Suicaを使う方法は、紙の券を使う方法に比べて対応区間が狭いですが、
まぁ首都圏ならだいたい対応してる感じです。

グリーン車については今日初めて調べたので、間違いを多く含んでいる可能性があります。

とゆーことで、僕は湘南新宿ラインで赤羽から小田原まで移動することにしました。
グリーン券はSuicaに記録する方式です。

小田原の理由ですが、特にありません。
小学校の時の社会科の授業でよく出てきた名前だなぁと。それだけです。
主目的はあくまで移動中のAspire Oneの利用(+Emonsterでのネット)です。

赤羽から次の駅に着くまで、グリーン車が満員で座れなかったので、
このまま小田原まで立ちっぱなしか、とガックリきてましたが、
次の駅で席が空いたので無事座ることができました。
池袋、新宿あたりで降りる人が多かったです。
グリーン車は観光者向けのものだと思ってたのでちょっと意外に思いました。
通勤などでも使ってる人が多いのかもしれません。
休日なのに、新宿過ぎたらグリーン車はガラガラです。

で、この文章はまさに湘南新宿ラインでの移動中に書いている訳ですが、
持ってきたUSBケーブルが電源供給専用でEmonsterが使えなかったこと以外は
かなり快適です。
Emonsterは幸いWMWifiRouterを入れてたので、Aspire Oneとは無線LANで接続中です。
Emonster自体も電波が途切れることを感じることもなく快適です。

しかし、道具には問題がなくても、使う人間が限界を迎えそうです。
電車が意外と揺れるので、こうやって文章を書いていると、
酔いそうです。

ということで戻しちゃうと周りに迷惑をかけるのでこの辺で終わりにしときます。

コメント

suicaで乗るグリーン車って知らなかった!
為になったわぁ~^^
で 乗り物酔い注意www

このままどこか宇宙に飛んでいくのではないかと思えるほどハイテクでしたよ。<言い過ぎ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください