技術

iPhone SDK 3.0 beta 5でCodeSignエラーで実機にインストール出来なくなって困ったけど解決した

タイトル長くてすいません。

iPhone SDK 3.0 beta 5も出てるし、今開発中のゲームが3.0で問題が無いか確かめたかったので、
早起きは三文の得とばかりに、iPhone SDK 3.0 betaとiPhone OS 3.0 beta、iTunes 8.2を入れて、
さあやるぞというところで、CodeSignエラーで実機に転送出来ないという問題が。

色々ググってみたのですが、Xcode(オーガナイザ)からキーチェーンにアクセス出来ずにそういう問題が起きるらしい。
しかも日本語環境でそういう問題が顕在化するのかもという。
えー。
ということは日本語環境で正常に使うには、AppleがXcodeを修正するのを待たないといけないの?いつになるんだよ?
と、途方に暮れてました。

しかし、いつになるか分からないものを待ちたくはないので、約一日ほど悪あがきをしてたら、なんと!解決してしまいました!
一日といっても昼寝したりリチャードホールのDVD見たりしてたので、実質一時間ぐらいですが。

結論から言いますと、developer_identity.cerをキーチェーンにインストールするときに、「システム」じゃなく「ログイン」にするだけ(まぁ、プロジェクト設定などもSDK3.0を使うように弄る必要がありますが)で実機に転送できるようになりました。

多分、今回の問題はXcodeのバグじゃないかもしれないですね。仕様変更というか。
しかし、巷の「実機に転送するまで」の手順を書いた日本語のブログ記事なんかは殆ど「システム」にインストールするような記述になってたと思うので、今回の件でかなり困ってる開発者が多いんじゃないですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示