技術

6.6. 全コード

LLVMによるプログラミング言語の実装チュートリアル日本語訳
第6章 万華鏡: 言語の拡張: ユーザ定義演算子
第6節 全コード

これが、我々が例で用いた、ユーザ定義演算子のサポートによって磨きを掛けたコードの完全なリストである。

# コンパイル
clang++ -g toy.cpp `llvm-config --cppflags --ldflags --libs core jit native` -O3 -o toy
# 実行
./toy

いくつかのプラットフォームでは、-rdynamicもしくは -Wl,–export-dynamicをリンク時に指定する必要があるかもしれない。
これによって、メインの実行ファイルに定義されたシンボルが、確実にダイナミックリンカに送られるようになり、実行時のシンボルの解決が可能となる。
これは共有ライブラリを使うようにコンパイルする場合は必要ではないが、Windowsではもしそうだったとしてもこの問題が引き起こされるだろう。

以下コード。
訳注: コードについては原文を参照されたし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください