技術

マザーボード謎の故障と謎の復活

箱と別々にあちこちに保管されていたマザーボードくんたちを昨日ひとつひとつ動作確認しながら箱に収めて整理していたところ、GA-H81M-DS2Vが起動しない事に気づきました。
今は使ってないとはいえ手持ちの中では3番目にあたらしいマザーボードなのでかなりのショック。

具体的な症状としては、電源を入れると1秒くらいですぐに電源が切れて、またすぐに電源が入って1秒くらいで切れて…ってのを延々と繰り返す状態です。
電源が入ってる間、といっても1秒ほどですが、CPUファンはピクッと動くだけで回らない状態です。
CPUとメモリだけ挿した状態でテストしてもまったく症状は変わらず。
CPUやメモリを何度も付け直してみたりCMOSクリアしたりしてみてもダメでした。

ソケットのピン曲がりかなと思って虫眼鏡で見てみましたが曲がってるようなところは無く…。

元々使ってたときは調子が悪かったりとかは全くないマザーボードだったので、今回の動作確認時にやらかした線が濃厚。
見た目では分からないけど物理的に壊してしまったんだろうという事にして、動作不良のシールを貼って箱に収め「使えないパーツゾーン」に安置したのが昨日の事です。

しかし諦めきれず今日もう一度試したところ、やはり最初は昨日と全く同じ症状だったのですが、もう一回CMOSクリアしてみたらなんと普通に起動してしまいましたw

CMOSクリア含めやった作業は昨日とほとんど同じなんですが、強いて挙げればCPU(Celeron G1820)を取り付けるときに裏の電極の1つがほんの少し極々僅かに茶色くなってた(焦げてた?)のでティッシュで拭いてみた(茶色いのは全然取れなかった)くらいです。
でもそれでも最初は昨日と症状が同じだったんですよね。

電源オンから1秒くらいの間ってBIOSの設定内容はもちろんBIOSなどのファームウェアもまだ関係ないタイミングなはずと思い込んでいましたが、そうでもないのかもしれませんね…。
しかし昨日もCMOSクリアは何度かやったのに治らなかったのが謎です。

とにかく治ってよかった…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください