日記

Hi8 Proがスリープ中にバッテリーをもりもり喰う問題の対策

この記事に関連するかもしれない記事

いつの間にかHi8 Proがスリープ中にバッテリーをもりもり喰うようになってしまいました。
この前Anniversary Updateを入れてからかな?

まずはスリープ中の電力消費状況を調査

コマンドプロンプトを管理者権限で起動してから以下のコマンドを実行。

powercfg /sleepstudy /output c:\sleep1.html

c:\sleep1.html をブラウザで開くとバッテリーの使用状況のグラフはこんな感じ。
hi8probattdrain1
赤の実線: スリープ中、灰色の実線: 使用中、点線: 充電中、線がない部分: 電源OFF中

さすがに使用中よりはマシなもののスリープ中のグラフの角度が急過ぎます。
※グラフをよく見ると一箇所だけなだらかな部分がありますが謎です。

さらに c:\sleep1.html を見ていくとスリープ中の電力消費の内訳?がありました。
hi8probattdrain2
どうもWi-Fiアダプタ(Realtek RTL8723BS Wireless LAN 802.11n SDIO Network Adapter)が悪さをしてるようす。
“スリープ中もネットワークに接続したままにする”をオフにしてるんですけどね。
上の画像には載ってませんがさらにWi-Fiアダプタの内訳を見たところ送受信したパケット数等の数値が全てゼロだったので、何か怪しい通信をしてたわけでもないようです。
多分Wi-Fiのドライバの不具合がスリープを妨げてるのかな?

ちなみにこのWi-Fiのドライバ、Chuwiのフォーラムで公開されていたものをAnniversary Updateの後に入れたものです。

ドライバの入れ直し

デバイスマネージャを起動し、”ネットワーク アダプター”の中の”Realtek RTL8723BS Wireless LAN 802.11n SDIO Network Adapter”を右クリックして削除をクリック。
“このデバイスのドライバー ソフトウェアを削除する”にチェックを入れOKボタンを押しました。

それから”ハードウェア変更のスキャン”ボタンを押したら自動的にドライバが入りました。

確認

しばらくHi8 Proをいつも通り使ったあと再度スリープ中の電力消費状況を調査。

powercfg /sleepstudy /output c:\sleep2.html

グラフはこんな感じ。
hi8probattdrain3
左半分が対策前、右半分が対策後です。
スリープ中の電力消費(赤い実線)の角度がだいぶなだらかになりました。

内訳もこんな感じ。
hi8probattdrain4
一番良いのを選んだのでACTIVE TIMEが全部0%になってますけど、たいていは何かしらで数%程度にはなるようです。

正直何となく再発しそうな気もしますけど、とりあえずはこれで様子見です。

参考

ASCII.jp:Win 8.1で利用できるInstant Goのトラブルを解決する (1/2)|Windows Info

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください