日記

ダークソウル3 SL1 クロスボウ縛り(クリア済み)

純魔純聖はもうやったのでクロスボウ縛りをやってみました。
クロスボウは能力補正がなくSLを上げる意味が少ないため、どうせならということで「SLを上げない」という縛りも追加してみました。
全ボス+αの分の動画を掲載しています。(めっちゃ多い…)
なお、DLCは未導入です。
以下、撃破順。

灰の審判者、グンダ

この時点ではまだクロスボウを持ってないので、前半を素手、後半を(黒)火炎壺で倒しました。

前半は余裕なんですけど後半苦手。

このあと、ロスリックの高壁の最初の篝火のすぐ近くにいるクロスボウ亡者兵士を20回程倒してライトクロスボウを入手しました。
クロスボウ亡者兵士に対する攻撃方法はもちろん素手。
ときおり近くの犬に気づかれて厄介なことになったり。
マラソン自体は篝火周辺だけで成立する(リスクがない)ので、ひたすらやるだけといった感じです。

冷たい谷のボルド

特に工夫無く普通に倒せました。
強いて言えばボルトを買うために少々ソウル稼ぎが必要だったくらいでしょうか。

結晶の古老

これはホントにやらかしてしまった…という感じなんですが、録画のミスで音声が入ってません。

結晶の古老ですけども、今回の縛りではかなりの強ボスの部類に入ります。

前半は普通に、後半は木の陰(定位置)に隠れつつ分身を少し優先して狙撃していく感じです。

エストを使い果たすくらいギリギリでした。

実はこの後深みの主教たちに向かったのですが、どうやっても倒せなかったので先に他のボスを倒すことに。
特に冷たい谷の踊り子を倒して先に進めば、楔石の塊をかなり入手できクロスボウを強化できるので、それに賭けることにしました。

深淵の監視者

こちらは普通に撃破。

比較的動きが早い小型のボスなのでボルトが結構当たらないときがあって、攻撃のタイミングを少しだけ気をつけました。

覇王ウォルニール

クロスボウでいかにして腕輪を狙うか、というのが重要です。

敵の横に位置どることで黒い霧は当たらなくなりますし、腕輪も狙いやすくなりました。

冷たい谷の踊り子

距離を取りつつ相手の攻撃のスキに合わせてチマチマ攻撃していく感じです。

踊り子を倒すことでロスリック城(楔石の塊をゲットできる)に進めるようになります。

深みの主教たち

結晶の古老の直後では全然倒せなかった深みの主教たちですが、+9(+8だったかな?)まで強化したヘビークロスボウ(深みの聖堂でマラソンして入手)を持っていったら、1回で勝ててしまいました。

後半誘い頭蓋を使用して本体を孤立させるのが重要です。

といっても本体が孤立するかどうかについては結構運ゲー要素がありますね。
集団で移動する雑魚に揉まれて本体が外から狙えない位置に行ってしまったり。

法王サリヴァーン

距離をとりつつ後半の分身を処理しないスタイルです。

距離をとっていれば分身と本体の連携攻撃も見てから避けることができますので問題ありません。
(動画では最後結構ミスってますけどw)

神喰らいのエルドリッチ

動きがゆっくりしてるので比較的戦いやすかったです。

矢雨と大量の誘導弾が鬱陶しいボスです。

巨人ヨーム


(音がズレ気味です)

よろけ中の大ダメージを期待して頭を狙っていくスタイルです。

ただなんとなく頭を狙うだけでは当たらなかったり、別の箇所に当たったりするので、発射タイミングには少々気を使いました。

竜狩りの鎧

本体の攻撃は真空波を除いて簡単に避けれるものばかりである一方、後半追加される左右からの援護射撃が厄介です。

何度も援護射撃にやられましたが、「あまりよく見えない援護射撃に気を取られて、簡単に避けれるはずの本体の攻撃に当たるのは馬鹿らしい」と考え、援護射撃のほうをあまり気にしないようにした(援護射撃にやられたときは仕方ないと諦めるようにした)ら結構あっさり勝ててしまいました。

王子ロスリック・兄王子ローリアン

前半は距離をとるスタイル、後半はステルス!です。

後半開始時に敵の死角になる位置で前半を終えると、後半敵がこちらを見失います。
そこで不用意に動けば即見つかってしまうんですが、ロスリックだけを攻撃することで全く気づかれる事無く撃破可能です。

ただこの「ロスリックだけを攻撃する」というのが結構難しくて、普通に狙い撃ちするだけでは数発に1回程度なぜか貫通してローリアンのほうに当たってしまい気づかれてしまいます。

ちょっと検証した結果、動画で狙ってる位置(ボルトが貫通してもローリアンにギリギリ当たらない位置)だと大丈夫なようでした。

近接で戦うスタイルも結構練習したんですけども、安定しなかったのでこのようなズルい手を使ってしまいましたw

呪腹の大樹

倒すのを忘れていてこのタイミングになってしまいました。

デーモンの老王

これも倒し忘れていた系です。

妖王オスロエス

苦手なボスです。

だいたいの攻撃はイレギュラーさえ起きなければ避けれるくらいまで練習したのですが、このボス地形に引っかかってよくイレギュラーを起こすんですよね。
変なタイミングで突進してきたり。

それでちょっとイラッとしたので、地形ハメで倒してしまいました。

英雄グンダ

灰の審判者グンダのときと同じく素手パリィで行こうかなと思ったのですが、素手パリィ→クロスボウに持ち替え→両手持ち→発射→リロード→素手に戻す、という操作が実際に可能であることは確認しましたが、ひたすらこれをやり続けるのも面倒だったので、普通に距離をとって戦うスタイルで行きました。

古の飛竜

5回目くらいのチャレンジでボスの頭上までたどり着けました。

無名の王

これも普通に距離を取って戦うスタイルです。

しいて言えば、前半は騎士のクロスボウ+雷のボルト、後半はヘビークロスボウ+ヘビーボルトと使い分ける工夫をした程度でしょうか。

王たちの化身

これも距離を取って戦うスタイルです。

長時間の戦闘になるため、避け続ける根気の強さが試されます。

ラスボスにふさわしく倒すのにしっかり苦労させられましたが、イレギュラーな動きはほとんどしないボスなのでやってて楽しかったです。
(負けても納得感がある。)

クリア時のステータス

もちろんSL1です。

おまけ

これはヘビークロスボウマラソンのときの動画です。
確か5回目くらいのチャレンジでゲットできました。
タイミングとしては結晶の古老を倒した比較的すぐ後になります。

大書庫で起きた不可解な現象を収めた映像です。
え~!と叫びましたw

今回のロスリックステルス撃破を思いつくきっかけとなった映像です。
また、まだこのころは近接スタイルで頑張ってたことが分かります。

これは王たちの化身にあと一発というところで負けたときの映像です。

まさか裂かれる雷の槍に太陽の光の槍を重ねてくるとは…
その後不用意にエストを飲んでダッシュ突きを食らってしまった私が悪いんですがw

まとめ

SL1 クロスボウ縛りはやりごたえがありましたし、達成感もありましたが、面白かったかといえば正直微妙なところです。

どのクロスボウも使い勝手自体はあまり代わり映えしませんし…
アヴェリンの使い途が特に無かったところが残念です。

SL1だとヘビークロスボウや騎士のクロスボウが両手持ちで使えるんですが、より強いアーバレストやアヴェリンとなると装備するために筋力や技量を上げる指輪が必要になってしまい、攻撃力を上げるための指輪を外さざるをえなかったりして、結果威力にあまり差が出ないんですよね。

ラスボスにアヴェリン+10と爆裂ボルトを投入してみましたけど、騎士のクロスボウ+10と雷のボルト使ったほうが強かったですしw

純魔、純聖、クロスボウとやってきた中では、純聖が一番面白かったですね。
奇跡は使い勝手や属性という意味でバリエーションがありますし。

DLC2が出たらDLC1と一緒に購入してこれまでの縛りプレイのデータで遊んでみたいと思います。
3月末発売なので遊ぶのは多分4月に入ってからかな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示