日記

ダークソウル3 純魔プレイ その1

この前クリアしたダークソウル3を別キャラでまたはじめました。
この前の初見プレイでは技量剣士を目指してプレイしたんですけども(何も縛ってなかったので最終的には脳筋になってしまいましたが…)、今回は純魔です。

一応下記のような感じで軽く縛ってプレイしています。

  • 素性は魔術師
  • 手には杖しか持たない(必然的に武器での攻撃、盾受け、呪術や奇跡が一切使えない)
  • HPを上げない
  • 防具は軽装のみ(魔術師の初期装備から変えないつもり)

アイテムの使用は縛ってないので投げナイフや火炎壺などでの攻撃は可能としています。
(あくまでもFPが切れたときの保険的な意味合い)

現在、深みの主教たちを撃破するところまで進んだんですけども、この深みの主教たち、魔術のカット率が高く、また人数が多いので、純魔(特に1週目)にとっては結構厳しい相手なのではないかと思います。
私の場合、理力を50、集中力を20まで上げ、先にファランの城塞を進めて致死の水銀を入手してやっと、といった感じでした。

一応戦いの様子を録画したので公開。
システムイメージバックアップ中に録画したのでかなりコマ落ちが発生しています。(失敗した…)

前半は致死の水銀をなかなか本体に当てることが出来ずにちょっと苦労したんですけども、後半の本体はあまり動かないので致死の水銀はかなり効果が高いですね。
立ち回りに自信があれば前半はファランの速剣を使ったほうが速いかも。
私の場合はどうしても被ダメージという点で安定しなかったので、時間はかかっても前半から致死の水銀を使うスタイルでいきました。

今のところ純魔的に難しかった相手は深みの主教たち以外では結晶の古老と犬ですかね…

結晶の古老は魔術のカット率が高い点と分身の処理が厄介でした。
分身は投げナイフで処理し、基本的に強いソウルの矢で本体に攻撃する感じで撃破しました。

犬はまぁ…小さい上に急に方向転換したり一気に距離を詰めて来たり連続で攻撃してきたりで、矢系の魔術がなかなかあたらない&魔術を出すタイミングが難しいという点で厄介ですね…
今のところ気づかれないうちに一撃で倒すようにするか、気づかれてしまったら結構運任せで戦ってますね…
ファランの矢雨を手に入れてからまだ実戦投入してないので、もしかしたら役立つかも…?

今作では魔術が結構弱体化してる気がします。
過去作ほどは純魔プレイはぬるくないかもしれませんね…
(クリアできるだろうか…)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示