日記

ストナリニZに変えてみた

この記事に関連するかもしれない記事

花粉症対策として去年はパブロン鼻炎カプセルZを服用してました
パブロン鼻炎カプセルZは第2世代の抗ヒスタミン薬であるケトチフェンフマル酸塩を使用しており、第1世代では避けられない喉の渇きなどといった副作用がなく、効き目もそれなりに実感できていたものの、眠くなるという別の副作用が強めに出てしまっており、この辺りを何とかするため別の第2世代の抗ヒスタミン薬を試してみたいなと思ってました。

去年からその候補としてストナリニZ(セチリジン塩酸塩)は挙がっていたのですが、要指導医薬品なので(多分)ネットでは買えず、入手性がパブロン鼻炎カプセルZ(第2類医薬品)に劣りますし、パブロン鼻炎カプセルZは去年の残りもあったため、今年も2月頭からとりあえずはパブロン鼻炎カプセルZを服用していました。
そんな中、先日コストコに行く機会があり、薬品コーナーでストナリニZが売られてたので買ってみました。
14錠(14日分)で1080円(税込)でした。

ストナリニZを買う前、実は今年もパブロン鼻炎カプセルZをAmazon(のマーケットプレイス)にて購入済みで、そちらは14日分(28錠)で1153円(税込)でした。

パブロン鼻炎カプセルZも第2世代ではかなり安い方だと思いますが、それを上回るとは…ストナリニZ安い…。いやコストコが安いのか…。
ただ、今年はまだ症状がひどくなくてパブロン鼻炎カプセルZは1日1錠しか服用してなかったので、それを考えるとコスパは逆転しますけど。

これを書いてる段階で、ストナリニZはまだ最初の服用から20時間ほどしか経ってないのですが、明らかに眠気の副作用が軽い気がします。
これで効き目に問題なければこっちのほうが全然いいかも。

とりあえずは服用を続けてみて、2週間後一箱終わったくらいでどんな感じかまた投稿したいと思います。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください