日記

ストナリニZ、一箱目完了

この記事に関連するかもしれない記事

ストナリニZを飲み始めてから、2週間ほど経ちました。
とりあえず一箱飲み終わりましたので感想を。
主に去年メインで飲んでいたパブロン鼻炎カプセルZと比較したうえでの感想となります。
(当然全て私の主観です。)

眠気の副作用について

去年飲んでいたパブロン鼻炎カプセルZで唯一キツいなと思ってた眠気の副作用ですが、ストナリニZではかなり軽いです。
この部分を一番気にして今回薬を変えたので「良かった」言いたいところですが、ストナリニZにも眠気の副作用があるのは確かなようで、あまり眠くはならないのですが朝起きれなくなる度合いがパブロン鼻炎カプセルZよりも少々高い気がします。

つまりパブロン鼻炎カプセルZに対してストナリニZは

  • 起きてる間感じる眠気は弱い(軽い)
  • 眠ってる間感じる眠気(言葉が変ですが…)は強い(重い)

という感じでしょうか。

普通、寝すぎると頭や体がだんだん痛くなってきたりして不快感が増すので、長く寝ようにも限界があるんですが、ストナリニZを飲んでると不快感を感じずに長めに眠れてしまう事が多い気がします。

なんかこう、めちゃくちゃ気持よく眠れてしまうんですよね…

エイヤッ!と起きてしまえば、そんなに長く眠気を引きずる事はないので、起きてる間眠いよりは全然良いんですけどね。
眠気にも種類があるんだと今回思わされて、ちょっと驚いているところです。

鼻炎薬としての効果について

比較対象が去年の事なので記憶も完璧ではないですし、花粉の飛散量や私自身の体調も違うので、どのくらい効果が違うのか正直よく分からないのですが、主観ではパブロン鼻炎カプセルZに比べると多少効果が弱い気がしますね。

でも、症状の進行度やマスクを必要とした日数は去年の同時期より少なかった気がしますので、冷静に振り返ればまろやかなれど確実に効いてるのかなぁとも思います。

一昨日あたりから強烈な鼻水・鼻の痒み等の症状が出ており、その真っ最中なので主観的な評価が厳しめになってるかもしれません。
(こういった症状は去年も数日ありました。)

これから

第2世代の抗ヒスタミン薬なので、効果のピークまでにはまだ時間がかかると思います。
まだまだストナリニZ、飲み続けたいと思います。
二箱目を飲み終わったらまた感想を書きたいと思います。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください