日記

パブロン鼻炎カプセルZ(ケトチフェンフマル酸塩)を飲んだ感じその2

この記事に関連するかもしれない記事

前回の続きです。
飲み始めて1ヶ月半(6週間)ほど経ちました。
短めに現状の使用感を。
※薬そのものについての詳細は前回および前々回を参照。

やっぱり眠い。

前回慣れつつあるみたいな事を書いた気がしますが、それ以降さらに慣れたという感じは無く。
体調等によっては、やはり耐え難いほど眠くなります。
運転や機械の操作を行う人は避けたほうがいいかも。

効き具合は悪くない。

鼻の痒み、鼻水、くしゃみ等、個人的に不快だと思っていた花粉症の症状を最初から抑えてくれました。
まぁ最初のうちはマスクを併用してたんですけどね。
ただしティッシュを鼻に突っ込むとうっすらと血が滲んてるのが分かり、鼻の粘膜の炎症までは抑えきれてないようでした。
しかし鼻が詰まるほど炎症を起こすという事もほとんどなく、痒みがないため、さして不快ではありませんでした。
1ヶ月半ほどの間2日だけ、鼻水&くしゃみが止まらない日がありましたが、それ以外は特に問題ありませんでした。
その2日も、痒みはあまり無かったのでそこまでつらくはありませんでした。
(家にいたので、くしゃみ&鼻かみ放題でしたし。)
当初の調査でも分かっていましたが、服用する期間が長くなるほど効きが良くなっていった実感が確かにありました。
後半はほとんどマスクを使ってませんでしたし、4週間を過ぎたころから、唯一抑えきれてなかった粘膜の炎症(血の滲み)も起きなくなってきて、自分が花粉症であることを忘れてしまいそうでした。
(副作用で眠いんですけどね)
今は、花粉の飛散量が減った&薬の効きが良くなってきたせいか、1日1錠でも全然大丈夫な感じです。
(当然マスク無しです)

症状が酷くなる前から飲み始めてたのでこれほど効いたのかもしれません。

価格がじわじわ下がっている。

薬はまとめ買いはせず、無くなりそうなときにAmazon(のマケプレ)に発注するという感じで買ってました。
毎回同じショップで28カプセル入りを計4回購入した事になりますが、不思議な事に毎回ジワジワと値段が下がっていってました。
具体的には

  • 1回目 1,277円
  • 2回目 1,270円
  • 3回目 1,258円
  • 4回目 1,220円

(全て送料込み)でした。
単なる価格競争の結果なのか、それとも需要の推移が反映されてるのか、それとも他の理由があるのか分かりません。
今調べたら1,170円になってました。
謎ですが安くなっていく分には個人的に嬉しい。

という感じであまり参考にはならないと思いますが、スギ花粉のピークを過ぎた今となっては、総合するとなかなか良い選択だったのではないかと思っています。
ただし眠気がつらいので、来年は別の第2世代抗ヒスタミン薬のものを試してみたいと思います。
セチリジン塩酸塩を使用し1日1錠で済むストナリニZなんか結構良いのではないかと思っています。
要指導医薬品なので多分ネットでは買えないんですが、たまに行くコストコで結構安く(値段は失念しましたが2週間分で多分1,300円弱)売ってましたので。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください