日記

ダークソウル 盾使わない縛り その3

この記事に関連するかもしれない記事

前々回前回とやってきた盾使わない縛りサムライ編が終わりました。

やはりあの後、苦戦したのはグウィンのみでした。
苦戦といってもマヌスと比べたらかなり楽でしたけどね。
何度か挑戦して最終的には「霧に入ったときに奥の右側にみえる小山」を壁にしながらグウィンの攻撃の隙に切っていくだけという、パリィを使わないパターンでは多分定番と言える倒し方でした。
特に刀はリーチがあるのでこの戦法と相性がいいです。

これで自分のしょぼいスキルでも盾無し&初期体力&軽装でなんとかなるという事が分かったので、味をしめて今度は盾使わない縛り魔術師編をはじめました。
縛りの詳細は以下のとおり。

・盾の使用禁止
・弓矢やクロスボウの使用禁止
・奇跡・呪術の使用禁止
・武器スロットに装備可能なのは杖のみ
・杖による殴り禁止(敵以外の障害物や幻の壁は除く)
・防具については軽装以外装備禁止
・防具の強化は制限無し
・万能鍵利用
・道具の使用制限無し
・レベルアップ時に体力を一切上げない(他のステータスは上げてOK)
・白霊を呼んだり等、協力プレイはしない
・注ぎ火しない

武器が使えないので完全なる純魔(なんか変w)プレイが強制されます。
実は純魔プレイってやったことなかったので、青ニートに何度もやられるぐらい最初は四苦八苦しましたが、慣れると結構楽ですね。
遠距離攻撃出来るし、強い魔術を手にいれれば大火力も手に入るしで、相性が良ければボスであろうと安全圏から一方的に攻撃可能だったり。

途中で縛りとしてどうかと思いましたが、盾無し&魔術onlyプレイだと相性の差が激しいようで、予想外のところできっちり苦労させられたので、一応縛りとして成立してるかなと思います。

今のところシースやプリシラを倒すところまで進んでます。
育成方針としては、まず理力を優先しつつ技量も最速で魔術を発動できるようになる45まではある程度重視して、あとは記憶力を少々という感じです。
装備は魔術師の標準装備のままで防具を多少強化してます。
指輪はもちろん魔術を強化するようなものを中心に使ってます。

近接攻撃主体のスタイル比べて楽だったところ苦労したところを挙げると次のような感じです。

まず楽だったのは、オンスタ&スモウ戦ですね。
オンスタ→スモウの順で倒したんですが、まず追尾するソウルの塊を使うだけで難なくオンスタを倒せました。
追尾するソウルの塊の発動は距離を置いたり安全な柱の裏などで可能ですし、攻撃するときはオンスタに少し近づくだけで全く隙を作らずに出来ます。
スモウのほうは、柱に引っ掛けるよう立ち回りながらタイミングを合わせてソウルの矢を撃つだけで安全に倒せました。

逆に苦労したのはどれも意外だったんですが狭間の森の湖獣とシースとプリシラです。

まず湖獣については盾が使えないので頭をいくつか切り落とすまでは普通に強敵となり得ます。
ですがそれ以上にキツかったのは、魔術が湖獣の本体に届かないという事実w
頭突きに合わせてノーロックでソウルの矢を撃ってなんとか倒せました。

シースについては、魔術が効きづらくて苦労しました。
魔術が効きづらいので宵闇の指冠で魔術の回数を増やさざるを得ず、その副作用で元々少ないHPが半分になってしまい、長期戦をやらなきゃいけないのにミスすると即終了&呪いのおまけ付きという、かなり厳しい状態でした。
色々試してみたんですが、最終的にはソウルの槍を2つ買って指冠で回数を増やして撃ちまくり&追尾するソウルの塊で補助という感じで倒しました。
この方法だと比較的時間がかからないようです。

プリシラについては、ノーロックで見えないプリシラに魔術を当てる必要があり、軽く途方に暮れました。
最終的には、
1. 入り口付近でプリシラの攻撃を待つ
2. 攻撃をかわしたら反対側の「元の世界に戻る時に飛び降りるところ」までダッシュ
3. 落ちるギリギリのところに立ち反転(部屋の中央方向を見る)
4. 追尾するソウルの結晶塊を展開
5. プリシラが来るまでソウルの矢を撃ちながら角度を調節
6. ソウルの矢をそのまま撃ち続け、一本道を通ってくるプリシラに当たったら、そのままソウルの槍に切り替えて撃ち続ける
7. 姿を現したらすぐにロック、すると結晶塊が飛んでいき瞬間的に大火力を出せる
という方法で倒しました。
(今気づいたんですが最後のロックは必要ないかもですね)

まだ倒してないボスでどれが苦労しそうかは分からないです。
(なんとなくどのボスもそこそこ楽に倒せるんじゃないかと)
ただ、湖獣はまだ灰の湖にもいるのでそれを思うと少々頭が痛いです。

この縛り、武器が使えないのがもどかしいのですが、その代わり武器を強化するための素材や種火を手に入れなくていいのは楽ですね。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください