日記

ダークソウル3 純魔プレイ その3

この記事に関連するかもしれない記事

前々回前回と軽い縛りで純魔プレイをやってきましたが、今回クリアしました。

縛り内容のおさらい

  • 素性は魔術師
  • 手には杖しか持たない(必然的に武器での攻撃、盾受け、呪術や奇跡が一切使えない)
  • HPを上げない
  • 防具は軽装のみ(魔術師の初期装備から変えないつもり ← ウーラシール装備一式に変えました)

純魔プレイの感想

序盤は雑魚敵にも苦戦するなどかなり厳しい感じだったんですが、魔術「見えない体」と「致死の水銀」を手に入れてからは難易度がグッと下がりました。
気分的にはちょうどダークソウル1のときの純魔のような感じでしょうか。
いや、「見えない体」と「致死の水銀」の組み合わせで完全ステルスで撃破できるボスも何体かいますから、1の純魔プレイより簡単かも…

純魔スタイルと関係あるかどうか不明ですが今回遭遇したバグ。

各ボスの所感まとめ(3つほど新たな動画有り)

灰の審判者、グンダ

全く印象に残ってないのですが、多分ソウルの矢を連発するだけで勝てたと思います。楽。

冷たい谷のボルド

これもあまり印象に残ってないですけども、ソウルの矢で倒せたと思います。
灰の審判者、グンダに比べると立ち回りが少々難しかったかも。

呪腹の大樹

だいぶ楽だったイメージがあります。
多分ノーダメージだったかな…
ただ、ダメージが入る部位になかなか魔術が当たらなくて少しタイミングを工夫したりとかした気が。

結晶の古老

その1でも書きましたが、結構難しかったです。
投げナイフで分身を処理することでなんとか…といった感じだったかと。
投げナイフの代わりにファランの短矢でもよかったかも。

深みの主教たち

その1に動画を載せてます。
致死の水銀でなんとか撃破、という感じでした。

深淵の監視者

これ実は1回目のチャレンジで出来心でNPC「黒い手のゴットヒルト」を呼んでしまい、そのまま撃破してしまいました。
(一応白霊召喚は縛ってなかったのでセーフといばセーフですが…)
ゴットヒルトを囮にして強いソウルの太矢を撃つだけだったかと思います。
かなり楽でした。
多分ひとりで挑むとそれなりに苦労したハズ。

覇王ウォルニール

手に向かって適当にソウルの太矢を撃ってたら1回目で勝ってしまいました。
純魔的にはかなり楽なボスかと。
ただ、少しタイミングに気をつけないと魔術が腕輪にあたらなかったりしたかも。

デーモンの老王

たぶん1回目のチャレンジで撃破。
距離を保ちながら結晶槍を撃つだけでしたね…
かなり楽。

法王サリヴァーン

前半も後半も距離を保って強いソウルの太矢を撃つという、まぁ普通の戦法で撃破できました。
ただしそれなりにリトライが必要でした。

巨人ヨーム

ストームルーラーを使わずにちゃんと魔術で倒しました。
攻撃を避けつつ頭をロックして強いソウルの太矢を撃つ感じでした。
結構楽。

神喰らいのエルドリッチ

これは前回載せた動画のとおりですね。
結構難しかったです。
リトライ回数は全ボス中いちばん多かったかも。

冷たい谷の踊り子

ステルス水銀。

妖王オスロエス

ステルス水銀。

竜狩りの鎧

攻撃の隙に強いソウルの太矢を撃つ感じで普通に撃破。
ただし相手の攻撃を見終わってからだと微妙に間に合わない場合があったので、少し早めのタイミングで攻撃する感じでした。

兄王子ローリアン 王子ロスリック

位置取りが少しシビアですがこれもステルス水銀。

英雄グンダ


なかなか攻撃が避けづらい&魔術を撃ったり、FPを回復したりする隙があまりない、ということで少々苦戦。
パリィ有りならどんなに楽か…。
隙があるように見えて無かったり、無いように見えて有ったりするんで、パターンを覚えるしかないという感じでした。
動画では最後攻撃のタイミングをミスってるんですけども、相手がよろけてくれたのでノーダメでした。

無名の王


これはまぁ距離を保てばいいので近接のときよりはだいぶ雑に避ける感じでも大丈夫でした。
ただ、前半の竜との戦いではカメラが荒ぶり予想外に死ぬことが多々ありました。
(いわゆるカメラのデーモン)
ノーダメまであと1歩でした。

王たちの化身


初見プレイでは一番苦労したボスなので、今回も大変だろうな…と思ってたんですが、結構あっさり勝てました。
基本的に距離を取ってればいいので、前半も後半もあまり厳密に避ける必要はない感じですね。
こちらもノーダメまであと1歩でした。

まとめ

ダークソウル3純魔プレイ、楽しかったかというともちろん楽しいですがすごく楽しいという程ではありませんでした。
というのも基本的な矢系の魔術か見えない体+致死の水銀というパターンしかほぼ必要なかったので、どうしてもずっと同じことやってるという感覚があったからです。
より縛ればより「楽しく」なったかもしれませんが、色々細かく縛るのは面倒なので…。

ただこれは純魔だと過去作でもだいたい同じだったかと思います。
1だと奇跡縛りが結構工夫が必要で楽しかったので、次は奇跡縛りでダークソウル3をプレイしてみたいと思います。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示