日記

ダークソウル3 純聖プレイ その5

最終回です。
その1その2その3その4と続けてきたダークソウル3 純聖プレイを今回クリアしました。
今回はエルドリッチ以降の全ボス分の動画を掲載してます。(多い…)

縛り内容のおさらい

  • 素性は聖職者
  • 手には聖鈴かタリスマンしか持たない(必然的に武器での攻撃、盾受け、呪術や魔術が一切使えない)
  • HPを上げない
  • 防具は軽装のみ

神喰らいのエルドリッチ


雷の杭がかなり効く&隙が大きいので楽な相手でした。

巨人ヨーム


前回の純魔プレイと同じくストームルーラー使わないパターンです。

雷の槍でひたすら頭を狙っていく感じです。
単発火力はあまり高くないのですが、何発か当てていくとヨームがひざまずき、その間は大ダメージが出ます。

後半避けるのが少し難しくなりますが、戦い方は前半も後半も同じです。

ちなみにこのボスから奇跡「惜別の涙」を使い始めました。

冷たい谷の踊り子


かなりひどい戦い方をしてます。
惜別使いまくりw

初見プレイのときは重装大盾でゴリ押しし、2回目の純魔プレイのときはステルス水銀だったので、未だに踊り子の攻撃パターンがよく分かってないんですよねw

出血が効くのでドーリスの蝕みを使いました。

竜狩りの鎧


竜狩りの鎧自体の攻撃パターンは読みやすいのでローリングのタイミングさえ間違えなければあまり怖くはない相手ですが、後半橋の左右から飛んでくる援護射撃が怖いです。
竜狩りの鎧の動きと援護射撃のタイミングによってはかなり事故りやすいです。
(最後のほうは援護射撃関係なくかなりミスってるんですけどねw)

援護射撃に何度もやられて、やり直した回数はかなり多かったと思います。
惜別が無かったら未だに竜狩りの鎧を倒せてないかもしれません。

こちらの攻撃手段は雷の杭をチョイス。
これ以外の奇跡だとあまりダメージが出ないので長期戦になり、その分撃破が難しくなると考えての判断だったと思います。
雷の杭は(というか奇跡全般)出が遅いのでタイミングが少しシビアですが、相手の三段攻撃の三段目をローリングで避けつつ懐に飛び込んで最速に近いかたちで雷の杭を打ち込むと反撃されてもローリング回避が間に合うという感じでした。

ただしまれに三段攻撃の三段目のモーションが微妙に違う場合があり、そのときは早めに反撃してくることがあるので様子見するのが安全っぽいです。

王子ロスリック・兄王子ローリアン


こちらもかなり苦戦したボスです。

そもそもワープ攻撃で事故りやすいので、惜別は必須な感じでした。

前半も後半も距離をとって戦うスタイルです。

攻撃手段はなんと放つフォース。
使わないだろうなと思ってたんですが、しっかりここで役立ちました。

雷系はローリアンには効くものの、雷の杭を密着して当ててもロスリックの方にはダメージが全く入らなかったので、雷系だけで撃破するのは無理と判断。

また、出血系はどちらにも効くものの、2回当てないとまともなダメージが出ないので、時間効率やFP効率の点で却下。

というか最初ドーリスの蝕み一択かな~と思ってたのですが試しに放つフォースを使ってみたらかなりダメージが出たので、こっちのほうが全然効率いいやんということで乗り換えました。

あと放つフォース限定では無いと思いますが、ローリアンを倒さなくても相手の体勢によってはまれにロスリックの方にダメージが入るので、そういう点でもちょっと助かりました。

妖王オスロエス


踊り子ほどではないですが苦手なボスです。
惜別使いまくり。

あと地形が嫌いw

攻撃手段としては雷系でも良さそうでしたが、雷の槍は飛距離が短いので少々使いづらいのと、雷の杭だと事故りやすかったのでドーリスの蝕みを使ってます。

英雄グンダ


純魔のときに同じような戦い方でやった相手なので、さほど難しくはなかったです。

純魔のときより与えるダメージが半減してるので少し大変なんですけど、その代わり惜別が使えるので気持ち的にはどっこいどっこいという感じでしょうか。

動画ではノーダメではないですけど、惜別を発動させずに済みました。

攻撃手段として出の早さ的に雷の槍を選択しましたが、相手の動きをもっと完璧に見きってたら、もっと出が遅い奇跡でも大丈夫かもしれません。

古の飛竜


イベントボスなんでボス自体は怖くないのですが、道中の雑魚敵になんどもやられました。

雑魚敵対策として惜別が必須な感じでした。

実は動画ではボスの頭上に到達したとき、対ボスの攻撃手段を特に用意してなくて焦ったんですけど、たまたまドーリスの蝕みがセット済みだったので助かりましたw
雑魚敵のほうが怖いのでそっちのことしか考えてなかったんですよねw

無名の王


こちらも純魔のときに同じような戦い方で撃破済みなので特に問題ありませんでした。

動画では1回惜別に救われてます。

攻撃手段は前半は雷の槍、後半はドーリスの蝕みをチョイス。
前半は出の早さとダメージ、後半は飛距離優先の選択でしたが、後半も出血でかなりダメージが出るので楽でした。

王たちの化身


こちらも純魔のときに同じような戦い方でやったので楽でした。

やはり遠距離攻撃主体だととにかく距離を取るように立ち回ればいいので、攻撃を避けるのが少々雑でも問題ない感じです。

プレイしてるときは気づいてなかったのですが、惜別をかけ忘れてるうえにノーダメで撃破してますねw

攻撃手段は前半も後半もドーリスの蝕み。
出血でかなりダメージが出るので楽でした。

最終的なステータス


少し持久力を無駄に上げてしまった感があります。

まとめ

純魔プレイとくらべて純聖は、序盤こそ攻撃手段の選択肢が少ないというか無に等しいんですけども、「雷の槍」「雷の杭」「蝕み(ドーリスの蝕み)」が手に入ってからは相手に応じて使い分ける楽しみがありました。
(というかちゃんと使い分けないとまともなダメージが出ないので詰む)

さらに後半、使い所が限られるのですが「神の怒り」や「放つフォース」もしっかり役立つ場面があるのが良かったです。

あと一番面白かったのが「惜別の涙」の存在です。

敵からの即死攻撃に対し一度だけHP1で踏みとどまるあれですけども、これが無ければクリアにはまだまだ時間がかかっただろうと思います。

純魔のときとくらべて、奇跡のダメージが少ない点と、見えない体が使えない点で、ボス戦も道中の攻略も2, 3段階は難易度が高かった印象です。
ですが前述の楽しさのおかげでつらくはなかったです。

一番印象に残ってるボスは冷たい谷のボルドでしょうか。
序盤で攻撃できる奇跡がまだ入手出来ない段階なので、ひたすら聖鈴で殴ってましたw

ボス戦の時間が10分を超えたのはこの冷たい谷のボルドと、王子ロスリック・兄王子ローリアンだけでした。

次はそのうちとりあえず DLC でも購入して普通に遊んでみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。



※画像をクリックして別の画像を表示